セキュリティの警告:ブラウザセッショントークンで自動取引をしないでください

最近、未知の注文や取引がアカウントに表示されたというメーセッジがユーザーからいくつか届きました。徹底的な調査を経て、ブラウザセッショントークンは未知の関係者によって使用されていることが明らかにしました。ブラウザセッショントークンは、Webブラウザを使用してログインし、BaseFEX Web サイトでさまざまな操作を行うときにユーザー ID を識別するために使用される文字列です。BaseFEX は常にセキュリティを最優先事項としており、ユーザーもセキュリティを注意していただきたいです。以下はお勧めです。

  • 自動取引の場合は、API キーを使用してください。ブラウザのセッショントークンを使用しないでください。
  • コンピュータシステムにマルウェアがないことを確認してください。
  • BaseFEX Web サイトにログインして取引するには、ブラウザ拡張機能やプラグインを使用せずに信頼できるブラウザを使用してください。
  • BaseFEX にログインするには、保護されていない(パブリック)WiFi ホットスポットを使用しないでください。
  • 安全性のない VPN を使って BaseFEX にログインしないでください。

上記はあなたのお金や資産が保存されている全てのウェブサイトにも当てはまります。

BaseFEX チーム
2019年1月31日